page icon

モスとは?

心に関する社会問題

現代社会において、メンタルヘルス不調は、重点的に取り組むべき社会問題の一つです。
うつ病等の気分障害の患者約100万人
自殺者2万人
うつ・自殺による経済的損失額2.7兆円
完全引きこもり23.6万人
準引きこもり46.0万人
高い抑うつ傾向小学生 12~13人に1人/中学生 4人に1人
不登校者小・中 12万人、高校 5.5万人
いじめ件数19万件(小・中・高・特)
自殺・うつ対策の経済的便益(国立社会保障・人口問題研究所調査,2009)より

モスの活動背景

心に関する社会問題に対して、活躍が期待される職種が心理職です。
その心理職(公認心理師・臨床心理士)には「待遇の低さと就業形態の不安定さ」という雇用・労働環境の問題があります。
その問題には以下の原因があると考えております。

① 心理サービスのアウトカムの不十分さ

卒業後(資格取得後)研修・教育体制の不十分さが影響

② メンタルヘルスのビジネスモデルの少なさ

倫理的配慮などの制約の多さ、構造的な収益化の難しさなどが影響

③ 心理サービスへのアクセシビリティの低さ

社会的認知・評価の低さや精神疾患へのスティグマなどが影響

モスの活動目的

問題の原因に対して、MOSSでは以下の活動目的と課題を設定しております。

① 心理職の活躍を支える

いかに心理職の職業人生の充実と専門性を向上させるか。

② メンタルヘルスのビジネスモデルをつくる

いかに心理職の専門性を活かしたビジネスモデルを構築するか。

③ 心理サービスのマーケットを育てる

いかに心理サービスの価値を提案し、市場に定着させるか。

モスの活動内容

MOSSでは、以下の3つの事業の循環を基本戦略として心理職の課題解決に取り組みます。

① アカデミー事業

心理職向けのイベント・セミナー・勉強会の企画・運営に取り組みます。

プロデュース事業

ホームページ制作やイベント運営サポート、新規事業開発などに取り組みます。

メディア事業

現在準備中です。

モスのミッション・ビジョン・バリュー

ミッション

心理職未来培う

じっくり時間をかけて心理職がより活躍している未来をつくり、育てていく。

ビジョン

思いやりつながり広がってゆく世界へ。

誰かに大切にされると、誰かを大切にしたくなる。そうやって人は思いやりでつながっていく。
 
▼ MOSSのビジョンをあらわした参考動画はこちら

バリュー

小さなことを大きな愛で。

小さなことを精一杯やろう。いずれ大きなことになる。

じっくり育てていこう。

焦らず一歩ずつ積み重ねよう。いずれ岩にも苔が生える。

ワクワクするほうへ!

好奇心を持って挑戦しよう。いずれ新たな未来ができる。

モスの名前の由来

苔(MOSS)の花言葉は、母性愛信頼物思い、そして孤独です。
それはまさに、MOSSが目指すのあり方なのです。
※「孤独(solitude)」は「孤立(loneliness)」や「孤絶(isolation)」とは異なり、「自分自身とつながれている状態」を指します。
 
日本の国歌にある「苔むすまで」には、「思いやりと協力をもって固い絆と信頼で結びつき、徐々に広がりをみせる苔のように、じっくり育て­繁栄させていこう」という意味があります。
それはまさに、MOSSが目指す組織のあり方なのです。